迎里 計 プロフィール

沖縄県石垣市白保出身。 東京をベースに全国各地でソロライブ活動などを行っているシンガーソングライターです。 沖縄の伝統楽器「三線」と、新しい和楽器「一五一会」を弾きながら、八重山民謡や島の遊び唄、そして自身の曲では「島、人、酒、言葉、喜び、哀しみ、日頃のふとした事柄」をテーマに、故郷・石垣と憧れの街・東京を歌っています。



 

📗Biography

 ムカイザト ケイ ☺︎ Kei Mukaizato

1976年10月29日、沖縄県石垣市白保に生まれ育つ。 

兄・迎里中の影響で音楽に興味をもち、ベースギターを弾き始める。

大学進学のため上京後、Booing Sheyner (ブーイングシェーナー) のベーシストとして活動を始め、1999年8月にメジャーデビュー。 

数年間活動するも、その頃より「唄いたい」という気持ちが大きくなりバンドを脱退。

その後はさまざまなアーティストのバックバンドとして演奏活動を続けながら、生まれ島の遊び唄などに興味を持ち、祖父の形見の三線を手に島唄を歌い始める。

自身の弾き語りライブ活動のほか、BEGIN、夏川りみ、南こうせつ、下地正晃、佐藤弘道、徳永ゆうき、大城クラウディアなどのレコーディングやバックバンドとして演奏に参加。

三宅裕司主宰「スーパーエキセントリックシアター」の三線指導・レコーディングや、アニメ「テニスの王様」の挿入歌にも三線で参加。

​​

2006年に兄・迎里中(アタル)と兄弟ユニットBorn ti cafta (ボーンチカフタ) を結成。

2007年には「BEGIN TOUR 〜オキナワンフールオーケストラコンサート」にバックバンドとして参加。

2008年9月1日にBorn ti caftaの 1stミニアルバム「赤瓦の上の三線弾き」をリリース。 

2009~2011年まで「BEGINの於茂登岳男バンド(オモトタケオバンド)」の一員として、レコーディングと全国ツアーのバックバンド演奏で活躍。

2011年3月5日に東京・日本武道館で開催されたBEGINの「あやぱに音楽祭」では司会も担当。 

2011年7月1日にBorn ti caftaの2ndミニアルバム「音遊び」をリリース。

2012年より「迎里 計」としてソロ活動開始。

2014年7月21日に1stアルバム「陸(おか)を敷いて歌まくら」をリリース。

2016年10月29日に2ndアルバム「歌の種 僕は土 君は水」をリリース。

2018年6月3日に配信限定シングル「がんばれの向こう側」を配信開始。

2019年11月9日に中目黒「楽屋」にて琉球カーニバル Presents「迎里計 音楽生活20周年祭」開催。


2020年10月~12月には兄・迎里中とともに夏川りみのバックバンドとして、福岡、沖縄、岩手でのイベントやコンサート、 billbord Live東京・横浜・大阪でのライブ演奏に参加。


2021年3月20日に開催された「八重山の海びらき 2021 in 竹富島・コンドイ浜」のステージに、念願叶って初出演。​​

自身の主催する一五一会教室ではグループレッスンやオンラインマンツーマンレッスンの講師を務め、全国各地で一五一会ワークショップを開催するなど、「一五一会」という楽器の普及にも尽力。


音楽活動以外にもさまざまなアーティストのコンサートやイベントでの司会、テレビ・舞台・ラジオドラマでの役者経験を持ち、活動の場は多岐に渡る。